スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権に打撃、小沢幹事長の進退焦点に(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が東京地検特捜部から被告発人として事情聴取を受けたことで、鳩山政権への打撃は避けられない情勢だ。

 鳩山首相らは、小沢氏の潔白を信じるとの立場を変えていないが、民主党内では、夏の参院選への懸念も生まれ、小沢氏の幹事長辞任を想定した駆け引きも始まっている。

 鳩山首相は23日夜、視察先の宇都宮市内で記者団に対し、「小沢幹事長とは一切連絡をとっていない。(小沢氏は)『自分の身は潔白だ』と言っていたから、それを信じたい」と述べた。そのうえで、「事情を(検察に)しっかり説明し、それを国民にも説明するということだから、見守るしかない」と語った。

 菅副総理・財務相は同日、都内で記者団に、「幹事長自らが自分の潔白をきちんと証明するという意味では、(事情聴取は)一歩前進ではないか」と述べた。小沢氏の幹事長辞任については、「しっかり説明がされれば、そういったことにはならない」と否定した。

 小沢氏は、自らの刑事責任が問われた場合の進退について、「こうだったらどうすると今考えていない」と述べた。民主党内では、「小沢氏が立件された場合、いつ幹事長を辞任するかがその後の展開を左右する」との声も出ている。被告発人として聴取を受けながら、小沢氏が幹事長続投を表明したことで、「仮に在宅起訴されても幹事長を辞めない可能性がある。その場合、政権への打撃は計り知れない」と不安視する声も出始めている。北沢防衛相は23日、長野市での記者会見で、「問題が長引けば、(夏の参院)選挙に影響があるだろう」と指摘した。

<夕張>赤字解消30年を24年で 一部事業先送りで短縮(毎日新聞)
首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかおひさお

Author:たかおひさお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。